So-net無料ブログ作成
検索選択

スバルレヴォーグの評判、評価は?燃費がいい? [急上昇ワード]

629015.jpg
http://response.jp/article/img/2013/11/24/211525/6...



レヴォーグは国内専用モデルとして

開発されたステーションワゴンで、

レガシィのヒットにあやかって、

レガシィ25年目のフルモデルチェンジ

と言っているそうです。



img_1.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/matusita_blog/47812994.ht...



かつてレガシィはステーションワゴンの使い勝手の良さ、

フルタイム4WDの走破性と操縦安定性、

DOHCターボを搭載するGTのスポーティな走りなど、

様々な魅力を持っていてよく売れました。



このレヴォーグは、

ボディサイズはひと世代前のレガシィと

ほとんど同じで、全幅だけは

それより50mm大きい1780mm。



全長は現行レガシィよりも100mmも短いのに、

室内空間は十分に確保されています。



搭載エンジンは2機種で、

いずれも直噴ターボ仕様。



1.6リットルは燃費志向で、

2.0リットルはパフォーマンス志向

となっているそうです。



E8AD4AD92F83F011B5EEB49E94715_h498_w598_m2_q90_cnLygVjiq.jpg
http://car.jp.msn.com/news/%E3%80%90%E6%9D%B1%E4%B...



燃費のほうなんですが、

1.6Lエンジンで17.4km/L

2Lエンジンで13.2km/Lです。



レヴォーグ1.6リッター



レヴォーグの「基礎代謝」と言える

平坦地の80km/h巡航燃費は、

22~23km/Lで、なかなかいい燃費です。



巡航燃費とは、エンジンの熱効率や空気抵抗、

タイヤに代表される転がり抵抗で決まります。



最も厳しい街中の渋滞では、平均車速20km/h程度の

乗り方だと12km/Lくらい走るそうです。



直噴になって燃焼のコントロール範囲が増え、

アイドリングストップも採用した結果だそうです。



先々代レガシィのときから、

30%以上改善しています。



レヴォーグ2リッター



高速道路や一般道では、1.6リッターと大差はありませんが、

アイドリングストップが付かないため、

信号待ちなどがある街中に入ると、

実用燃費がイッキに落ちてしまうそうです。



わたくしもそろそろいい年なので、

夕食に精のつくものが出ないと

夜の実用燃費がイッキに落ちてしまいます。



いりませんか?^^



038.jpg
http://mainichi.jp/graph/2013/11/20/20131120mog00m...







スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。