So-net無料ブログ作成
検索選択

燃料電池車ホンダとトヨタの価格は?仕組みと問題!購入補助金、燃費は? [ニュース]

TOYOTA-Fuel-Cell-Vehicle-04.jpg
http://www.idea-webtools.com/2014/06/TOYOTA-Fuel-C...



燃料電池自動車は、 燃料電池で水素と酸素の化学反応によって 発電した電気エネルギーを使って、 モーターを回して走る自動車です。





電気自動車との違いは、

電気自動車は蓄電池に充電しなければならず、

燃料電池車の場合は、自ら発電します。



ガソリン車が、

ガソリンスタンドで燃料を補給するように、

燃料電池自動車は水素ステーションで

燃料となる水素を補給します。



利点としては、

・電気自動車より航続距離が長く、

 充電が必要ない。

・二酸化炭素を排出しない。(排出されるのは水)

・ガソリン車と比べると2倍のエネルギー効率。

・とても静か。

・燃料となる水素は、

 ガスや石油やバイオマスなど

 様々なものから製造できる。



問題点


・価格が高い。

・水素の貯蔵搬送にかかるコストが高い。

・水素ステーションを整備しなければならない。



あと水素の取り扱いについて、まだ問題があるようです。

水素といえば、爆発するというイメージが強いですね。

ただ、拡散性が高いので、一定条件に達しなければ、

それほど爆発の危険はないようです。



20140624-00000018-biz_fsi-000-1-view.jpg
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140624-00000...



燃料電池車の価格について



一般的に1千万円超となる価格についても

「採算より普及を優先する方針」

として、ホンダトヨタともに割安にする考え。



700万~800万円で販売した場合、

電気自動車と同等の政府の購入補助金が出れば、

消費者の負担は600万円台前半になりそうです。



ほんの数年前までは、1億円といわれていましたので

それに比べるとずいぶん安くなりました。



燃料電池車の燃費について



あくまでも目安ですが、

ガソリン、14~17円/1km

水素、10~14円/1km

ですが、これは現在の水素の金額が

1Nm3(ガソリンでいう1リットルのようなもの)

あたり110~150円で計算したもので、

経済産業省資源エネルギー庁では

2030年を目安に「1Nm3あたり40円」

を目指しているそうです。



今日は、いつものやつが何も浮かばないのですが、

酒の肴は、「一匹当たり40円」

の目刺しです。



いりませんか?^^;








スポンサードリンク






タグ:燃料電池車
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。